結婚相手の見つけ方

結婚相手の見つけ方

近年、日本のみならず世界的な規模で非婚化や晩婚化が進んでいることは、多くのメディアで指摘されています。経済状況や女性の社会的地位の変化、そして何より個々人や世間のもつ結婚に対する認識の多様化にともなって、現代は空前の「結婚できない・しない時代」とも言えるのです。
しかしその一方で、結婚相談所やネットなどの結婚情報サービスは隆盛を極め、多くの結婚希望者が利用しています。利用者の年齢層は幅広く、かつての「適齢期を過ぎた男女の駆け込み寺」といった様相は、もはやそこにはありません。結婚式! - 小山剛志のNo Pain No Life
このような情勢のなかで、自分の結婚相手を見つけることは決して容易なことではありません。上記のサービスのほかにも、お見合い、合コン、友達の紹介、職場結婚など、あらゆる可能性に手を広げて、結婚しようとする男女がたくさんいるのです。
そんななか、結婚相手が見つかる人には「常に肯定的に物事を観る」傾向があると言われています。結婚は勢いと言われるように、不安要素を考え出せばキリがないものです。ですから「不測の事態は織り込み済みで、それを解決していくのも結婚生活」と考えている人は決断も早く、出会いから結婚までの期間が短い傾向にあります。
つまり結婚相手が見つけられる人は「機会を逃さない人」であり「自分に自信がある人」と言えるのです。そう考えると「自分の生き方に責任と自信を持つ」ことが、結婚相手を見つける近道とも言えます。
人は他者と関わって生きていく社会的な動物であり、男女間の恋愛はその最たる例とも言えるでしょう。人と付き合うことになったとき、その瞬間が幸せならばそれでいいという感覚があるならば、その人に結婚は必要ありません。逆に、相手との未来を想像し、そこに家庭や生活というイメージが重ねるなら、自然と結婚が現実味を帯びてきます。結婚式 - All About

結婚相手を探すということは、人との付き合いの中で、相手と一緒に過ごす未来を想像することでもあるのです。そしてその未来のイメージは、他でもないあなた自身にしか分かりません。ですから未来を共有できる人物を探すことは、あなた自身にしか出来ないことなのです。
情報やサービス、あるいは友人知人のツテを利用することも悪いことではありませんが、一度きりの人生の中で、将来を決める大きな決断をするのですから、あとから「最終的には自分自身が全てに責任を持って決めた」と言えるように、責任と覚悟をもった行動を心がけたいものですね。