メンテナンスを怠れば廃車の時期は早まる

メンテナンスを怠れば廃車の時期は早まる

車が常に快適に動き続けるようにしておく為には、それなりのメンテナンスが常に必要になります。メンテナンスと一口に言っても、自分で簡単にできるものや、専門のスタッフがいるお店に持ち込んで対応してもらうものや、中には一定期間預けることで、始めて確認可能なものまでさまざまなメンテナンスがあります。
廃車にする前に一括無料査定!「carview.co.jp」

一番簡単に自分でできるメンテナンスとしては、洗車があると思います。洗車がメンテナンスと疑問に思われるかもしれませんが、窓ガラスを拭いておくことで、良好な視界が確保できますし、タイヤを洗っていれば、溝の減り具合が確認できます。
廃車
ボンネットを開けてみていれば、何かおかしな部分や汚れがこびりついてしまっていたり、ベルトが減っていたりという事にも気がつけます。次に自分でするのは無理があるけど、専門のスタッフがいれば対応可能というものに、オイル交換があります。
廃車手続きの必要書類 | 自動車の廃車手続き

なかなかオイル交換まで自分ですると言う方は少ないと思いますので、基本的にはどこかへ持ち込んで、古いオイルを抜いて新しいオイルに替えてもらうという作業を依頼することになると思います。

では、このオイル交換はいつすればよいのでしょうか。よく言われるのが、新車で買った時には1000km程度で一度交換し、その後は3000kmを目安に交換といわれます。もっとも距離をあまり乗らない人の場合ですと、乗っていなくても3月たったら交換などと違った目安もあります。
軽自動車 廃車
しかし、実際に、こんなに交換頻度が必要なのかというと、もっと長いサイクルの交換でも大きな支障はないように感じます。ただし、3000kmを大きく過ぎて、倍以上の6000km、7000kmも交換せずに走っていると、燃費が悪くなったり、音も少しおかしくなったりといろいろと気になる点がでてくるのも事実です。

また、あまりにもサイクルをながくして、劣化したオイルを使い続けていると、車への付加が大きくなってしまい、長く乗り続けることができなくなりますので、愛車を大切にするという意味ではある程度、早めの目安で交換するほうが良いとは思います。